旭山ハイキング
半日コース
 
ハイキングコース
旭山ハイキングは旭山山頂と南峰の二つの峰がありどちらもすばらしい眺めが期待できます。
登山口から、解説をしながらゆっくり歩いて山頂と南峰の両方へ登ります
2時間~2時間30分のコース、標高差はさほどありませんがアップダウンを繰り返します。
普段ウォーキングやジョギング、ハイキングや山登りしている方であれば楽々登れます。
また普段坂道など普通に歩ける方であればOKです。足腰に不安のある方では厳しいです。
コース内は、樹高の高い鬱蒼とした森から歩き始め、峰に近づくにつれ、樹高が低く
なってきます。山頂付近は低木林になり固有植物の宝庫です。
服装
歩きやすいハイキング、トレッキング用のシャツとズボン
(薄手のもの、夏場は半ズボンでもOK)(冬場は、長袖シャツとウインドブレーカーなど)
運動靴程度
持ち物
雨合羽上下タイプのもの、帽子、タオルなど
飲み物500mℓ~1ℓ(時期により)基本的には半日コースなのでお弁当はいりません
他カメラ、双眼鏡、など リックサック(両手が空くように)
集合
街場にお泊りのお客様はボニンブルーシマの事務所前に集合 
午前のツアー時
出発がAM9:00ですので5分前ほどに集合してください。
街場から離れたお宿のお客様は、順番にお迎えにあがります。(AM9:05~15頃になります)
午後ツアー時
PM1:00事務所前集合
料金
ツアー開始時に現金でお願いいたします
 お問い合わせ
ご予約
旭山南峰

森を歩き低木林を抜けると

旭山 南峰

南峰から扇浦方面と南島(右奥)

コヘラナレン
超希少種

とにかく絶景!!
二見湾

とっても小さな
ムニンタイトゴメ

南峰と山頂の分岐付近
オガサワラビロウの下で

山頂近くなるとタコノキの樹形も
変わってくる

生まれたての
タコの実
旭山山頂

山頂手前の展望台
とにかく気持ちいい!!

山頂は、この先のトンガリ
目指して!!

山頂は狭い!!
何人も登れません

森で見つけた幻の欄
ムニンヤツシロラン

山頂からの戻り
固有種の宝庫

何を撮っているかな
ムニンビャクダンか?

山頂から見下ろす
二見湾は見事

山頂から
手前の展望台を望む

展望台の奥には
兄島が見える

ボニンブルーと
緑がいいですね

人の背丈より低い
低木林

独り占めの
展望台

夏にはアサヒエビネが
見られます

6月下旬から7月は
ムニンヒメツバキ

固有の大きなシダは
いつでも見られます

ここで1枚
ハイポーズ!!

下山途中です
ちょっと大変な所も

地球の丸さを実感できます
一休み
青空『ボニンブルー』の広がった午前中がお勧めです。
フィールドガイドのページへ
お問い合わせ、ご予約
旭山