中山峠 袋岬
半日コース
 
ハイキングコース
中山峠、袋岬は、海抜0メートルの小港海岸から登っていきます。標高差は100メートルほど、
ゆっくり歩き、途中で景観を見ながら一休みします。峠を登りきると、北側に父島で一番の
海水浴小港海岸やコペペ海岸、南側に饅頭岬、南島、亜熱帯の森が広がる南袋沢が見渡せ、
最高の景観が広がります。更に、袋岬まで足を伸ばすと、冬場の時期は
ホェールウオッチングも楽しめます。(必ず見られるとは限りません。)
普通に歩ける方であれば誰でも登れます。

服装
歩きやすいハイキング、トレッキング用のシャツとズボン
(薄手のもの、夏場は半ズボンでもOK)
運動靴程度
持ち物
雨合羽上下タイプのもの、帽子、タオルなど
飲み物500mℓ~1ℓ(時期により)基本的には半日コースなのでお弁当はいりません
他カメラ、双眼鏡、など リックサック(両手が空くように)
集合
街場にお泊りのお客様はボニンブルーシマの事務所前に集合 
午前のツアー時
出発がAM9:00ですので5分前ほどに集合してください。
街場から離れたお宿のお客様は、順番にお迎えにあがります。(AM9:05~15頃になります)
午後ツアー時
PM1:00事務所前集合
料金
ツアー開始時に現金でお願いいたします
 お問い合わせ
ご予約
小港海岸と園地

園地は広い芝生とヤシがとっても気持ちよい

八瀬川沿いのモモタマナの紅葉

その間をカヤックが過ぎていく

大木の茂る森を歩くと

島で一番のビーチが広がる

透明度抜群の小港海岸

ビーチの両サイドにある奇岩の枕状溶岩

モモタマナの葉とハスノハギリの実

いよいよ峠へ入ります
中山峠  

峠を登り切るとそこは、絶景

峠の北側

峠の南側

峠を更に進むとタコノキが

南側のブタ海岸と南島

更に、饅頭岬と南島
 
眼下をカヤックが南島を目指す

袋岬到着

饅頭岬周辺のボニンブルーの海

袋岬で記念撮影

反対側はオガサワラビロウが茂る

2~4月はこんな光景も ザトウクジラ

峠から小港を見ると黒いかたまりが

これは、小魚の群れです

テリハハマボウの黄色と赤

赤くなり落ちたオオハマボウの花

何処までも透明な海です

小港の休憩舎
ボニンブルーを実感するのに最高のルートです。海が凪青空が広がると、
言葉に表せないほどの絶景が待ってます!!
フィールドガイドのページへ 
お問い合わせ、ご予約

2月~ゴールデンウィークまでは