おがさわら丸入港日午後半日おすすめツアー
東平『サンクチュアリ』、中央山or傘山
 
ハイキングコース
*東平『サンクチュアリ』は、アップダウンが少ないコースで小笠原(父島)の代表的な
 植生が広がります。冬場は『アカガシラカラスバト』(あかぽっぽ)の繁殖地になり
 森林内のコースも一部入場できなくなります。ここ数年はこのサンクチュアリ以外の
 場所であかぽっぽに出会う確立も少しですが上がって来ました。
*傘山は乾性低木の岩山をよじ登るルートですので小さなお子様、ご年配の方ですと
 難しいコースです。山頂からは島の東側と西側が一望。とにかく絶景!!
*中央山は比較的登りやすいルート
 普通に歩ける方であれば誰でも登れます。『130段程の階段あり』

服装
歩きやすいハイキング、トレッキング用のシャツとズボン
(薄手のもの、夏場は半ズボンでもOK)
運動靴程度
持ち物
雨合羽上下タイプのもの、帽子、タオルなど
飲み物500mℓ~1ℓ(時期により)基本的には半日コースなのでお弁当はいりません
他カメラ、双眼鏡、など リックサック(両手が空くように)
集合
街場にお泊りのお客様はボニンブルーシマの事務所前に集合 
午前のツアー時
出発がAM9:00ですので5分前ほどに集合してください。
街場から離れたお宿のお客様は、順番にお迎えにあがります。(AM9:05~15頃になります)
午後ツアー時
PM1:00事務所前集合
料金
ツアー開始時に現金でお願いいたします
 お問い合わせ
ご予約
傘山 

固有植物の林を歩き
 
空が見えてくると
 
ここが傘山の山頂
 
山頂から二見湾の南側方面

岩の隙間からは戦時中に座礁した船が
 
この絶景にはカメラを向けたくなります
 
山頂から少し歩くと後に亜熱帯の森が広がっている

ヤマイチビ 黄色と赤
 
皆さまも是非ここで!!
中央山  

比較的歩きやすいルートを登ってくると
突如景観が開ける
 
中央山山頂
ここでも是非1枚!!

展望台から観た二見湾と観光船
そこに、飛行艇も!!
東平『サンクチュアリ』  
 
いくつかある案内板で
レクチャーを受けて森へ
 
更に、足裏の土や種子を
落としていただきます

一歩森へ入ればここは
固有植物の宝庫
 
大きなシダ
 
リュウビンタイ このシダが増えてきました
 
エビネラン
 
固有のヤシ ノヤシ
 
大きなシダはマルハチやヘゴ
 
こちらも固有のヤシ オガサワラビロウ

沢の中の小さな生き物 分かるかな?
 
小笠原本来の森の中を進み

沢を少し登って
 
サンクチュアリ終点
この先は立ち入り禁止
 
森林浴で
癒されますよ
 
森を戻るとボニンブルーの空が
広がってました
代表的な固有植物が多く見られる森です。派手なものはありません。その中に小笠原の生態系が詰まっています。
ツアーでは、そんなお話をして小笠原の魅力をお伝えしています。あかぽっぽに遇えたら超ラッキー!!
フィールドガイドのページへ
お問い合わせ、ご予約